女性の薄毛

女性の薄毛の特徴と病院での治療について

薄毛に悩む人は多いと言われており、その多くは男性型脱毛症と言われているAGAの症状を持つと言います。

 

男性型脱毛症は男性ホルモンのバランスが乱れて、体内にある酵素と男性ホルモンが結びつくことで、毛周期を狂わせて脱毛症の症状を引き起こすと言われています。

 

その多くは男性が主体となりますが、AGAにはFAGAと呼ばれる女性特有の脱毛症も存在しており、そのメカニズムは男性と同じく、男性ホルモンが要因していると言います。

 

FAGAと言うのは女性男性型脱毛症と呼ばれるものであり、別名瀰漫性脱毛症とも言います。
女性特有の薄毛であり、専門病院などでの治療を受けることで薄毛の症状を抑制させることが可能になっています。

 

尚、AGAの特効薬とも言われているプロペシアは女性が利用する事で恐ろしい副作用を招くと言われており、病院での処方は行われないのが特徴です。
そのため、女性のFAGAなどの治療については、デリケートな頭皮に効果を持つ医薬品やHARG療法と言った方法で薄毛の症状を抑制させ、治療が可能になると共に、発毛効果を期待することが出来ると言われているのです。
尚、最近はインターネットの通販サイトなどでは脱毛症に効果を持つと言う医薬品を購入することが出来るようになっていますが、プロペシアのジェネリック医薬品などについては恐ろしい副作用を持つことからも女性が利用するのは危険であり、専門医がいる病院などに通う事が良いと言われているのです。