女性の薄毛

女性にも必要な薄毛対策

男性の悩みと思われがちな薄毛。ですが、近年女性の薄毛も大きな問題となりつつあります。髪の毛の抜ける量が多い、なんだかハリとコシがなくなってきたような気がする、地肌が見えてしまい髪の分け目が目立つようになった、こんな悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

 

もしかしたら、それは髪が薄くなってきた兆候かもしれません。女性にとって髪は命とも言われるほど。髪が美しいと気持ちまで若返るような気がしますよね。だからこそ女性にとって髪の悩みはなかなか人に言えない悩みになりにくく、ひきこもりになってしまったり、うつ病になってしまったりする人も多く、外を出歩くにも帽子やウィッグを手放すことができないという人もいらっしゃいます。女性ならではのヘアスタイルを楽しむことができなくなってしまう人もいます。

 

対策としてはやはり普段のヘアケアの見直すことが大切です。頭皮の血行を良くすることで、育毛を促すマッサージは男性の対策としても有名ですよね。やり方は髪の生え際部分を、指の腹を使って全体的に回すように20から30回ほどもみほぐします。マッサージは疲れをとりリラックスする効果もあるので、髪の悩みにつきもののストレスの対策にもなり一石二鳥になりますよ。ブラッシングも頭皮の血行を良くし、髪の毛のツヤを出させる効果もあります。

 

また最近では女性用に特化した育毛剤などもいろいろな種類が発売されています。効能は男性商品を凌ぐものまであり特に人気が高いのはベルタ育毛剤と呼ばれる女性用育毛剤です。加齢のせいで気になりだした抜け毛や出産前後の抜け毛にようr薄毛にも高い効果があるようです。是非とも試してみましょう。

 

薄毛に悩まれる方は抜けることを恐れてブラッシングを怠っている場合もあるので是非おすすめです。これらの方法は一日だけではなく、毎日続けることが大切です。

女性の薄毛の原因になるホルモンバランスの乱れ

女性の薄毛の原因は、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる女性ホルモンの減少が関係しています。

 

女性ホルモンが減少してしまうと、育毛と発毛に必要なエストロゲンが不足してしまいのと、自律神経が乱れ副交感神経の働きが鈍くなり、血液の流れが悪くなってしまい、毛根に栄養を送り届けている毛細血管に血液が流れなくなってしまいます。女性ホルモンが減少してしまう原因としては、環境ストレスや食生活と生活習慣が関わっているほか、加齢による更年期障害や閉経なども起因しています。

 

食生活では過度のダイエットなどで栄養が偏ってしまうとことでホルモンバランスが崩れてしまいます。脂っこい食事やカロリーの高い肉類を避けるようにし、野菜を中心とした栄養のバランスの良い食生活に整える事が大切です。生活習慣として睡眠も深く係わっていて、育毛や発毛に必要な成長ホルモンが分泌される時間帯は睡眠状態に就いている必要があります。成長ホルモンは夜23時から2時の間に分泌が促進されるので、22時頃には眠れる状態にしておくのが良いです。

 

質の良い睡眠を取ることによって、体の疲労を回復するとともに、蓄積された環境ストレスを解消する効果も得られます。疲労回復やストレスの発散は、自律神経を安定させるとともに、ホルモンバランスを整え薄毛の原因となるエストロゲンが不足している状態を改善する効果を持っています。

 

薄毛を予防するためには生活習慣の改善が大切です。

女性の育毛は生活習慣の改善も大切です

女性も髪が薄くなったり、抜け毛が増えることは少なくありませんが、進行を抑えるためには日頃の努力も大切となります。
シャンプーは育毛剤を利用して改善していくことはもちろんですが、生活習慣が影響している場合もありますので、そちらの改善も行っていきたいところです。

 

まず、食事は髪の成長のためにも大切です。髪の成長には様々な栄養素が必要となりますが、ダイエットなどで極端な食事制限をしていると髪に栄養が十分行き届かなくなることもありますので、低カロリーでも栄養をしっかり取れる食事を心がけましょう。
外食やインスタント、レトルトなどに頼りがちという場合も栄養が偏りやすいので、栄養のバランスをしっかり考えて食べることも大事です。

 

それから女性は冷え性の人が多いですが、血行が悪くなることも髪の成長には影響が出やすくなります。
運動不足も血行不良を招きやすいですし、浴槽につからずにシャワーだけで済ませている場合も体を十分温めることができません。
さらに喫煙も血行には悪い影響を与えてしまいます。

 

さらに、睡眠不足も髪にとっては良くありませんので、できるだけ早くベッドに入り、しっかりと睡眠を取れるようにしておきましょう。
睡眠が足りないと成長ホルモンも十分に分泌されなくなってしまいます。

 

そして女性の薄毛の原因としてはストレスもあげられますので、過度なストレスがかからないよう、気持ちを切り替えたり、何らかの形でストレスを解消できる工夫もしておきたいところです。

女性の育毛に有効な食事

薄毛は、ホルモンの働きが関係しているので、男性に多く見られる症状です。男性ホルモンのテストステロンが、5α還元酵素に変換されて作りだされるDHTという物質が、頭髪の成長に関与している毛乳頭細胞のレセプターと結合する事により、通常であれば数年間は続くと言われる成長過程が約半年まで短縮される事になります。つまり、十分に成長する前に抜けてしまうという事です。

 

DHTが生産されている限り薄毛の進行は止まる事がないので、最終的には毛根の機能は喪失してしまいます。生え際から頭頂部にかけての部分に集中するのがこの症状の特徴であり、男性型脱毛症と名付けられています。ただし、現在ではDHTの生産を抑制する内服薬が開発されているので、高確率で進行をストップする事が可能です。

 

これに対して女性ホルモンは、脱毛を促進させる様な作用はありません。これが、男女で薄毛の発生率が大きく違う理由です。ただし、女性は薄毛にならないというわけではありません。ストレスや栄養不良、女性ホルモンの分泌量の低下などの様々な原因で、薄毛になるケースはあります。

 

女性の育毛は、食事により栄養素を補給する事により解消させる事が可能です。男性型脱毛症の様に、体内で生産されている物質が原因ではないからです。特に、頭髪の原料となるたんぱく質は非常に重要な栄養素です。頭髪は東洋医学では血液の余りと表現されるように、生命活動を営むために使用された栄養素の残りの部分で構成されると考えられています。つまり、育毛のためには、通常よりも多い目の栄養素を補給しなければならないという事です。